タグ:すごいぜ ( 1 ) タグの人気記事

 

【読みました】デキる人は皆やっている一流の人脈術

様々な勉強会でご一緒させて頂いている島田さんより
献本を頂きました。読んで驚きました。
以下に感想を記します。

デキる人は皆やっている 一流の人脈術 (単行本(ソフトカバー))
島田 昭彦著
http://www.amazon.co.jp/dp/4756912443

『京都人ならではの戦略性と奥ゆかしさを感じさせる一冊』

良かった点は三つあります。
一つ目は、面白さ。忘れられない人になるための方法として、
名刺入れや手土産の話が紹介されています。
虎屋のゴルフ最中が紹介されていますが、
かなりインパクト強いです。ぜひ試してみようと思います。
初対面で話のきっかけをつかむためのコツが
いくつか紹介されています。初対面が苦手な人に向いています。

二つ目は、人脈構築の効きの強さ。
「名刺は捨てるな」や「次のアポは蕎麦屋で取る」など人脈をネットワークさせる方法が
具体的に紹介されています。その中でも
「出版講演で広げる人的ネットワーク」という項目があります。
私がまさに使っているやり方で、
「よくぞ書いてくれた」と快哉を叫ぶ一方で、
「ああついに公開されてしまったか。これで殺到したら困るなぁ」
という複雑思いもあります。

三つ目は、読みやすさとその背景にあるおもてなしの心。
なんといってもこの本の最大のポイントです。
さすがは編集者。どういう文が相手の心をつかむかを分かっています。
言葉をきちんと選び、心をこめて書いているというのが
読む人が読めば伝わってきます。近年、ワードで文章を
作ったら本になると勘違いしているビジネス書が散見されますが、
本書はどうすれば読者に興味を持ってもらえるだろうかと
練りに練っている印象を受けます。じっくり時間をかけて
書いているというのが伝わってきます。ヒデ、本田直之、
安藤忠雄など様々な有名人とのエピソードが出てきますので、
そこも読みどころです。

小手先のテクニックではなく、その根底にある、
人と人との縁や心遣いといった気持ちを感じさせる一冊です。
ビジネス書なのに、ちょっとあったかい気持ちになれるような一冊です。
これから寒い季節におすすめです。
[PR]

by keisuk-s | 2008-11-08 09:58